金長まんじゅう

ほろ苦いチョコ風味の皮と、あっさりした白あんとの調和により、
昔から愛されている徳島の銘菓。幅広い方に喜ばれるおまんじゅうです。

商品の特徴について

天保年間『阿波狸合戦』の金長狸をモチーフにした徳島を代表する銘菓です。饅頭の皮を「チョコレート」にすることでタヌキの色を表現しました。当時、まんじゅうにチョコレートを使うというのは大変珍しかったようです。 こうして昭和12年の誕生以来、「金長まんじゅう」は純チョコの香りと味を大切にし、現在に至るまで大きく変わることなくその味を守り続けています。

ほろ苦い生地×白あん

チョコレートのほろ苦さとあっさりした白あんの絶妙な調和が自慢で、徳島土産の銘菓として有名な和菓子です。 チョコレート色の皮からほんのりチョコの香りがし、食べるとビターなチョコの味が口の中に広がり、口当たりはしっとりとしています。たっぷり詰まった白あんは、甘すぎず控えめな印象です。

金長まんじゅうの名前の由来

天保10年、洪水で家を流され大和屋の主人に助けられた金長だぬきは、その大恩に感激し主人のもとで一生懸命働いたため大和屋は大繁盛。 そこで金長は四国狸の総頭六右衛門のもとで2年間勉学し正一位の望みを果し、再び大和屋で働こうと決意をします。
しかし彼の非凡を見込み娘婿にと懇願する六右衛門だぬきに許されず、結婚の話を拒絶したため襲撃にあい、小松島にのがれた金長は阿波狸を総動員。淡路屋島の加勢を得た六右衛門と勝浦門の大合戦で金長軍が勝利を得ました。
以来、彼の感謝報恩精神は偉大な感化を世人に与え、弊社は金長の徳を讃えるため、その名にちなんで、【金長まんじゅう】を謹製した次第です。

ご購入はこちらから

CALENDARカレンダー

2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ピンク背景:休業日となります。